LINK
クレカの没収は、その名が表す通り理由の如何にかかわらずクレジットカードを失効(停止)されてしまうことを言います。強制退会になった場合には当然の話ですがクレカについてはその時より先は、絶対に利用不可になります。強制退会扱いとなってしまう理由は色々:クレジットを理由の如何にかかわらず失効させられてしまう原因は様々です。基本は日々の買い物において用いる等普通にクレカを利用している際においては、みなさんが失効扱いとなる理由というのはほぼありませんから心配なさらずにいてほしいが、強制没収となりうるパターンというものを記憶に留めておくことができればクレジットカードがもっと安心して使えることにもなると考えるため以下の文章ではそのケースの具体的な話を取り上げ言及できたらなと思います。兎にも角にも言えることはクレジットカード発行会社の信頼されなくなる行動をしたりもしくはクレジットの会社に対して損となってしまうような愚行をしないのであれば、ほぼ強制没収となることはありえないと言ってもよいでしょう。健全に使用できることが優先ですので過去に当てはまることをしてしまったことがおありの方がいらっしゃれば、以後なんとしても良い履歴データとできるように心がけて欲しいと思います。クレジットカードの使用代金を支払わない●これは全く論外の話ではあるのですが利用した費用をクレジットカード発行会社に弁済しないカード代金の踏み倒しをしてしまう、もしくは借金のため利用料の支払いをできないような場合は、絶対に強制失効という処理がされてしまうでしょう。基本的に発行会社は利用者のことを信じているからクレジットを契約しているわけであるから契約者が弁済できない限りにおいては積み上げた信用残高は完全に消えてしまうことになります。結果、クレジットカードを取り上げる手続きでそれ以上の損害拡大を防止することを要することから強制退会になってしまうのです。