LINK
クレジットを使用不可能化するということについては全くもって簡単なものではありますが契約失効するをする上で注意しておきたい事に関しても頭の隅に入れておくことをすれば、使用取りやめの作業をうまく終えることが確実になるだろう。箇条書きにしてみたため余裕があればご一読して下さい。カード加入手続きの直後すぐに使用取りやめするという行為は控えるべき〉クレジットカード届け出した直後即座に手にしたクレジットを試用不可能化してしまうと信用のない顧客としてクレジットカード会社にに処理されてしまう予期せぬことが起こってしまいます(特殊な例としてしょっちゅう手続き、機能停止というやり取りを実行してしまったとき)。特筆すべきは契約成立時のギフトカードのプレゼントを狙ったケースには商品券もしくはポイントを始めとした入会特典の全てをゲットしたからといって即契約失効がしたくなる思いもわかる。とは言うもののクレジットカード会社の論理より考えれば計算高い契約者に対しては二度と自社のカードを自分勝手に使用されてもらいたくないと言う風に結論を出すという意思決定が下されても当然。それゆえ、万が一契約時の特別待遇目当てでカードなどを申し込んでしまったケースでも、すぐに解約しないでまず1年の半分、出来れば365日該当するクレカについては保有して登録解除はその後に行うということを推薦したい。あるいは申請時の優待券ということのみに限定せず登録して手に入れてはみたものの使用する機会がないので早く契約を解除したいなどと考えてしまう様な時半年以上は届いたクレジットを所有続けて欲しい。申請する側が考えているのとは裏腹にクレジットカードという代物を一から作る用の費用や手間はかかってしまうものだと理解してほんの少しでも楽をさせてあげよう・・・というふうに相手を気遣って頂けるとお互い悪い気分にはならないのではないでしょうか